newsrelease

2018.01.12

イベント

来期開催の「リーン・ローンチパッド」に参加するための「ビジネス・アイデア・ピッチ」参加チーム募集
Call for teams for "Business Idea Pitch" for attending workshop of "Lean Launchpad" to be held in 2018

(English follows)
皆さんの新製品アイデア・新サービスアイデアをビジネスにしてみませんか。来期開催予定の起業家育成プログラム「リーン・ローンチパッド」に参加するための「ビジネス・アイデア・ピッチ」を下記の通り開催します。ピッチの参加者、および、ピッチの聴衆を募集します。

◆ 日時: 2018年2月20日(火)18:00-19:30
◆ 場所: 大岡山キャンパス南5号館S513
◆ ピッチ時間: 1アイデア5分以内
◆ スライド: 準備してください。
◆ 言語: ピッチ: 日本語または英語
      スライド: 日本語・英語併記または英語のみ
◆ 審査:
 (1) LLPファシリテーター(堤孝志、飯野将人:ラーニング・アントレプレナーズ・ラボラトリー)
 (2) AGL/山田

ピッチをする方の申し込み方法・注意点:


(1) 添付のApplication Formに必要事項を記入して、2月16日(金)までに、下記AGL/山田まで、送付してください。必要事項についての注意点・条件は下記の通り。


i. メンバー:必ず2以上4名以下のチームで申し込んでください。メンバー数は、来期のワークショップでは全てのチームは4-5名にしてもらいますが、今回のピッチでは、2名以上で可とします。その場合は、ピッチで、メンバー募集をしてもらって構いません。責任者は本学学生としてください。その他メンバーは、他大学学生でも社会人でも構いません。
ii. 製品・サービスの概要:アイデア段階でもちろん構いません。特徴をできるだけ簡潔に記入してください。
iii. 製品(サービス)の想定するユーザー像:「若者」とか「男性」ではなく、できるだけ具体的に想定してください。
iv. 似たような製品(サービス)の提供者がいないか調べましたか:いる場合は具体的に記入してください。


(2) アイデアピッチですので、提案するアイデアや市場性の完成度は問いません。顧客がいることの検証が可能かどうかがポイントです。逆に、すでにプロトタイプがあったり、すでに事業として立ち上げていても構いません。


(3) 1チームで、複数のApplication Formを提出してもらっても構いません。


(4) プレゼンは、日本語・英語どちらでも構いませんが、スライドは日英併記または英語のみにしてください。


ピッチはしないが、聴衆として参加し、興味があるチームがあったらチームメンバーになる可能性のある方の申し込み方法:
下記AGL/山田宛に、(1)学籍番号、(2)所属する学部・専攻とともに、聞き手として参加したい旨、メールを送ってください。

AGLリーン・ローンチパッド:
AGL/山田道場で行う新規事業立ち上げトレーニング・プログラム。2018年度4月なかばから7月まで6回のワークショップを行う予定。米国Silicon Valleyのserial entrepreneurであるSteve Blankが提唱したプログラムを、本学学生向けにアレンジしたもの。過去6回行っており今回で7回目。ユーザーへの訴求価値・対象ユーザー層に関する仮説を、潜在顧客候補や協力者(ステークホルダー)へのインタビューにより、検証や適時変更を繰り返しながら、訴求価値を「どうしても欲しい」というユーザー(アーリー・アダプター)を開拓する。ゼロから新たな価値を生み出す事業化を通して、リーダーシップを発揮するためのマインドセット・能力を養成する。

問い合わせ先:
グローバルリーダー教育院(AGL)・山田特任教授
email; yamada.k.be@m.tirtech.ac.jp

(English)
Are you interested in creating "business" from your idea of new products and/or services? I am pleased to inform you that "New Business Idea Pitch for joining Lean Launchpad program" will be held as follows. I would like to encourage all students to join the pitch as both presenters and/or audiences.

◆ Date & Time: 20/Feb(Tue) 18:00-19:30
◆ Venue: O-okayama South Building #5 S513
◆ Time for a presentation: within 5 minutes per a business idea
◆ Slides: Please prepare
◆ Language:
 (1) Pitch: either in Japanese or English
 (2) Slides: written in both Japanese and English or English only
◆ Commentators:
 (1) M/s Takashi Tsutsumi and Masato Iino,LLP facilitators, Learning Entrepreneurs Lab.
 (2) Prof. Yamada/AGL

How to apply for the pitch presenter and notices for the pitch:


(1) Please fill in necessary information in the Application Form attached and send it to Prof. Yamada /AGL by 16/Feb(Fri). Notices as follows;


i. Members: The pitch should be made by a team, not individual. The team should consist of 2-4members. Although final number of members when Lean Launchpad program start will be 4-5, that at the pitch may be more than 2. You will be able to call other members at the pitch. The leader of the team should be Tokyo Tech student. Other members, however, can be the students of other university.
ii. Outline of Product(or service) : Just "idea" should be OK. Please clarify "sales points" of the product(or service).
iii. Possible users of the product(service): More detailed explanation, not like just "young people" or "female", will be appreciated.
iv. Have you check if somebody launched similar kind of product(service)? : If you can find competitor(s), please describe in detail.


(2) Since this is "Idea Pitch", no sophisticated/matured "idea" or "marketability" will be expected. The point will be whether checking of your hypothesis will be possible.


(3) A team will be able to apply multi number of business ideas.


(4) The presentation will be done by either English or Japanese. The slides, however, should be written in English


(5) How to apply for the pitch as audience?
Please inform me of your interest with information of your student number and faculty. If you want to be members of the team after hearing their presentation, please try to contact the team.


AGL Lean Launchpad
New Business Creation training program to be done in AGL/Yamada Dojo. The program will consist of 6 times of workshops to be started from Apr/2018 till middle of July/2018. The program was originally designed by Steve Blank, a serial entrepreneur in Silicon Valley and has been presented to Tokyo Tech students from 2013. The goal of this program is to identify "Early Adopter(s)" who is eager to have your product(service) as the result of enough number of your interviews with potential clients and pivoting business direction. Through the activities of generating new business from Zero, the students are being expected to learn mind-sets and capability for taking leadership.


Contact:
Academy for Global Leadership(AGL): Prof. Keisuke Yamada
Email: yamada.k.be@m.titech.ac.jp

P4220025Robin_all_L.jpg