グローバル教育院とは
グローバルリーダー教育院とは グローバルリーダー教育院とは

科学技術や世界経済が国境を越え、ますますグローバル化が進む21世紀にあって、我が国においても、解決すべき政治課題の国際化や企業における事業の海外展開が一層進み、それにともないさまざまな分野でグローバルに活躍できるリーダー人材が必要とされています。

東京工業大学グローバルリーダー教育院(AGL)は、科学技術分野に強みを有する本学ならではの持ち味を活かし、全学を挙げて設置した国際的リーダー人材を養成する学位プログラムを有する教育院として平成23年4月に設置され、平成24年度には文部科学省「博士課程教育リーディングプログラム」に採択されました。全研究科より士気あふれる学生を募り、個々の専攻分野における深い専門知識をベースに、そのスキルを他分野の科学技術の発展に活かすことのできる素養、日本や世界における文化の理解と国際性、技術経営に関する知識、コミュニケーション能力、俯瞰力や行動力を備えた、"真のグローバルリーダー"を育成することを最大の目的としています。

パンフレット画像 パンフレット 教育システムについて
グローバルリーダー教育院5との特徴 グローバルリーダー教育院5との特徴

グローバルリーダー教育院では、通常の専攻における教育課程のほか、道場教育やオフキャンパス教育など実践力を磨くプログラム、さらにはメンタリングシステムなど、多面的かつ継続的に学生をサポートしています。

全額を挙げて取り組む教育院

グローバルリーダー教育課程では、さまざまな分野で国際的リーダーとして活躍する人材を輩出することを目的に、科学技術分野に強みを有する東工大ならではの持ち味を活かし、全学を挙げて設置した学位プログラムを構築・提供しています。平成25年度からは一橋大学と連動したプログラムも始まり、ますます充実度を増した教育環境のもとで、高度な能力や資質を修得できます。

道場教育

道場には「科学技術系道場」と「人文社会系道場」とがあり、ディベートやグループワーク等を通じさまざまな専門を有する学生同士が切磋琢磨して議論を戦わせながら、実践で通用する専門力や人間力を身に付けます。平成25年度からは一橋大学の道場も開設、秋にもさらに一つ開設されます。

オフキャンパス

専門知識や能力、道場で磨いた素養やリーダーシップを実社会で試す機会として、海外・国内の企業、国際機関、研究機関などで6ヶ月以上の実務的なプロジェクトを実施します。受入先は、学生自身がコーディネーターに相談するなどしてアプローチできます。

学生支援

グローバルリーダー教育院独自の特徴として、本教育課程に所属した学生は、授業料が全額免除となります(ただし、標準修業年限以内に限ります)。また、所属する学生が自主的に行う研究や研修に対し、申請内容を審査したうえで「教育研究費」として支援を行います。

※支給限度額:研究費150万円/年、研修費120万円/年
メンタリングシステム

学生が博士課程修了後のキャリアパスを明確に描けるよう、学生の悩みや希望に応じ、キャリアアドバイザーがきめ細やかなサポートを行います。そのほか、道場の中での悩みは道場主、その他多面的な相談はメンターが対応するなど、充実したサポート体制が備わっています。

目指す人材像 目指す人材像